3月12-13日(土日)氷ノ山雪洞泊詳細

     装備に関するご質問は随時 naturalstyle.desk@gmail.com (担当水野)へ

❶集合・解散集合 
JR姫路駅 デイリーヤマザキ東口店前 7:00

*前泊の場合各自で宿泊手配願います。

*6:25新大阪ー新幹線さくらー6:53姫路 でも間に合います

 ❷行程 3/12姫路ー車移動(約2時間)ー道の駅若桜(最終トイレ)ーつくよねーー氷ノ山越(2-3時間)ー避難小屋周辺雪洞作成ー雪洞泊

    3/13雪洞ー氷ノ山往復ー同ルート下降(4ー5時間)ー姫路解散18時頃

❸装備

冬靴(3シーズン靴可能)、

厚手靴下、冬肌着上下、中間着、厚手ズボン、冬アウター+オーバーズボン(雨具の場合は防寒より意識して防寒着準備)手袋(薄手+厚手+シェル)、帽子 (ニット帽、あればバラクラバ)、防寒着(状況に応じて薄手または厚手または化繊ダウンジャケット)サングラス(当日風雪強ければ状況に応じてゴーグルも)、 冬用ゲーター(夏用でもなんとかよいが破れる事みこんでください)前爪付アイゼン、ピッケル(レンタル可能¥500)、わかん(スノーシュー可能)、ストック1本(ピッケルと併用するため2本は不要)、 ザック30−40ℓ、地図、プレートコン パス、タオル、ティッシュ&持ち帰り袋、行動食(凍りやすいおにぎりは保温を考えて持参、パンやラーメンがおすすめ)水筒、魔法瓶ヘッドランプ(予備電池)、財布、携帯電話、常備 薬、非常品、嗜好品、筆記用具、あれば 救急具(テーピング、三角巾、ナイフ、レスキューシート、絆創膏、鎮痛剤、各自常備薬)※肌着上下 綿や夏用速乾シャツは禁止。 ウールま たは速乾性+保温性両方ある化繊がオススメ ※ザックはメッシュやポケット付は雪が付着&侵入する ので無いほうが良い。

冬シュラフまたは、3シーズシュラフ+ダウンジャケット+ダウンパンツ

 (シュラフカバーもあるとよいよい)

 個人マット 食器(おわん×2、コップ、おはし)

 あれば持参するもの(ショベル、スノーソー、細引き3~5m)

 あればよいもの(湯たんぽ用プラティパス、カイロ、軽量なランタン)

マットが一番大事です!R値4以上必要(個人差あり)マットの選び方は下記ご参照下さい

R値について

http://www.gw-ear.com/cake/basic/sleeping_pad/r_value

 

おすすめマット記事

https://my-best.com/6447?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=external-dsa&gclid=CjwKCAiA6seQBhAfEiwAvPqu13cnu5jL-sV11NR1xVoHMSZifhAeS6UMVIXSUlgcpopC3spLWxoEIxoCBowQAvD_BwE

*ショベルはレンタル有(¥500)

*装備や当日のレイヤリング、パッキングに関してはとても悩ましいと思います。

  これも実技の醍醐味で入山前にしっかりチェックを行い、不要なものはおいて

  いきますし、レイヤリングのアドバイスも行いますのでご安心ください。

*夕食と朝食はガイドの方で行きのスーパーで購入します、アレルギーや苦手な食材

  あればその時に教えてください

 ❹ 当日のガイド連絡先 水野由香090-6068-2724
■ガイド料 ¥30,000  ¥35,000  *1週間前程度までにお振込

 ■当日経費 ¥20,000前後 ¥5,000円程度(予定)*当日ガイドにお支払い。 

(ガイド車交通費、食材費含む)

Mission

This is a Paragraph. Click on "Edit Text" or double click on the text box to start editing the content and make sure to add any relevant details or information that you want to share with your visitors.

Vision

This is a Paragraph. Click on "Edit Text" or double click on the text box to start editing the content and make sure to add any relevant details or information that you want to share with your visitors.